top of page

経営変革を成功に導く

経営力と経営変革力

「経営力と経営変革力」のTS&Co.は

東証プライム市場トップ100社・中堅中小企業の

非連続な結果の実現とサステナビリティに貢献し続けています

具体的に知る

短中長期の経営変革サービス

TS&Co.は、業界No.1・日本No.1企業等の支援実績、TS&Co.自身の経営変革体現、経営変革に役立つ出版物の執筆実績、TS&Co.経営変革研究所(TMTI)の研究実績、経営変革に関する寄稿実績を通じ、複利で経営力と経営変革力を蓄積・実証し続けています。そして、経営力と経営変革力を強みに、東証プライム市場トップ100社・中堅中小企業の非連続な結果の実現とサステナビリティに貢献し続けています。

【長期】企業価値最大化経営

TS&Co.独自の方法論でCEO×M&Aをキードライバーとする企業価値最大化経営(企業価値最大化を目標に定めた企業経営)を実践し、非連続な結果の実現、企業価値最大化経営の定着に長期的にコミットします。詳細はこちら

​【中期】プロ経営者(CEO)

ロ経営者(CEO)として、経営力と経営変革力を強みとする経営変革プロフェッショナル機能を提供し、約束した非連続な結果の実現に中期的にコミットします。

​【中期】社外取締役

常勤社外取締役として、経営力と経営変革力を強みとする経営変革プロフェッショナルの知見・洞察を提供し、非連続な結果の実現に中期的にコミットます。

【中短期】経営執行支援

執行重職等を担い執行現場に深く関与。経営力と経営変革力を強みとする経営変革プロフェッショナル機能を提供し、非連続な結果の実現に中短期的にコミットします。

  • COO(最高執行責任者)機能

  • CFO(最高財務責任者)機能

  • 経営企画機能

【短期】経営コンサルティング

コンサルタントとして、社内人材だけでは解決が困難な課題解決(中期経営計画策定・マーケティング戦略策定・DX)を支援し、非連続な結果の実現に短期的にコミットします。

  • 中期経営計画策定支援

  • DX(デジタル・トランスフォーメーション)

  • BX(ビジネス・トランスフォーメーション)

【短期】M&Aアドバイザリー

M&Aコンサルタント・M&Aバンカーとして、買手・売手のM&A戦略策定、エグゼキューション、PMI、投資後の経営、Exitを一気通貫で支援し、非連続な結果の実現に短期的にコミットします。

  • M&A戦略策定支援

  • M&Aディール執行支援

  • M&A投資後のPMI(経営統合)・経営支援

支援実績

​リピート案件

67%

東証プライム市場トップ100社案件

25%

CEOアジェンダ案件

82%

​ベンチャー企業

新興系カーブアウト・ディール支援会社のM&A業務執行支援

東証プライム市場トップ100社

大手通信会社の新規事業構想・開発支援

​バイアウトファンド運用企業

独立系バイアウトファンド投資先金属加工会社の中計策定支援

東証プライム市場トップ100社

財閥系産業ガス事業日本No.1・世界No.4企業の中計策定支援

中小型上場企業

東証プライム上場、総合人材企業のCEO・M&Aアドバイザリー

選ばれている理由

理由1.複利で蓄積・実証され続ける経営力と経営変革力が可能にする「業界No.1水準」の経営変革サービス

理由2.超精鋭の経営変革プロフェッショナルのみで構成された経営変革ファームならではの「適正価格」

理由3.東証プライム市場トップ100社向け経営変革サービス事業を源流とする「基準」

経営変革に役立つ出版実績

TS&Co.は、経営変革を志すCEOをはじめとする経営層・経営企画担当者・組織リーダー向けに、TS&Co.が経営変革サービスの提供等を通じて得た実践知をまとめた出版物を発刊しています。

最高経営責任者(CEO)の経営観

夢・理想の未来を拓く実践的技術

経営観をCEOの“視座”で俯瞰、2100年までの世界と企業経営を“視野”に、経営コンサルタントの“視点”で分解し、1冊に集約した経営実践書。不確実な時代の経営を牽引するCEOをはじめとする経営層が、経営とは何かについて、本源的意味合いや原理原則をはじめとする基本的な概念を再確認し、経営の強固な羅針盤を育むことができます。

購入する

企業価値最大化経営

企業価値最大化経営(企業価値最大化の実現を目標に定めた企業経営)の実践知を形式知化した実践書。企業価値最大化経営の基本・応用・発展・実戦について概観できます。株主、取締役会、CEO、経営幹部、経営企画担当者、事業責任者、M&A担当投資家向け。

Coming soon

​経営変革に関する寄稿実績

2024年2月19日​

2024年2月2日

2023年1月6日

bottom of page